ルミガンをもとにして作られたジェネリック医薬品のケアプロストはまつげ用育毛剤として非常に人気があります。当サイトではケアプロストについて色々と解説しているのでぜひ、参考にして下さい。

ケアプロストの商品基本説明や用法

ケアプロストはルミガンをもとにして作られたまつげ用育毛剤で、簡単に言うとジェネリックの医薬品です。
「ジェネリック医薬品」という言葉は有名になってきたので、知っている方も増えていると思います。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、今までに安全性や有効性を認められたお薬と同成分のお薬のことを言います。
開発されて世に出たばかりのお薬には製薬会社の特許がありますが、この特許期間が切れた後には他の製薬会社も同成分のお薬を製造することが可能になります。
大きな特徴は同成分のお薬を低価格で使用することが出来る点で、ケアプロストはルミガンよりもコストパフォーマンスが良いと言えます。
まつげパーマは瞳の印象を強くすることが可能でも痛みが気になりますが、まつ毛育毛剤は痛みをケアしながらまつげの印象を深くしていくことができます。

ケアプロストの使用方法と注意点

まつげを育成するという点では、まつげ美容液とケアプロストは似ていますが、美容液とお薬という視点で見るとまったくの別物になります。
そのため、使用の際にはお薬を使うという意識を持ち、適切な使用を心がけることが大切です。
もともとは緑内障の治療のために用いられるものなので、塗布する際に目の中に入ってしまってもあまり気にすることはありませんが、まつげを早く濃くしたいからと多めに使うことは危険です。
ケアプロストは眼圧を下げるためのお薬でもあることをきちんと考えて使用しましょう。

副作用について

美容面で注意したい副作用が色素沈着です。
ケアプロストの使用を開始してから目の周りの色素沈着が気になりだした場合は、使用をやめて2、3日するともとの肌色に戻ります。
また、副作用とは違いますが塗布した部分の毛が濃くなるという報告もあるため、必要のない部分にまで使うことのないよう注意してください。
他にも目が乾燥してドライアイの状態になることもあり、医薬品であることを意識しながら、迷った時は医師との相談の上で使用することが望ましいでしょう。

Copyright © ケアプロスト All Rights Reserved.